ようこそ相談支援”もしもし☆すばる”ホームページへ
地域で生活される、障害者、及び障害児または、そのご家族のよろず相談窓口です。また、福祉サービスの情報提供や、サービス利用等計画書の作成も承っています。是非、お気軽にご利用ください。
相談支援事業とは
◆特定相談支援、障害児相談支援
:障害福祉サービスを利用するためのサービス計画の作成を行っています。
: 「障害福祉サービスを利用したいのだけれど、自分がどんなサービスを選べばいいのかわからない」という人たちに対して、相談員が話を聞き、どのようなサービスが相談者に合うのかを話しあって、プラン作成を行います。さらにプラン作成のみで終了するわけではなく、実際に支援を受けた人から、その後の感想や声を聞く役割も担っています。その声を聞いて、作成したプランは本当にその人にあっていたかを判断し、もししっくりとこないようであればよりよい状況になるように調整を行うこともあります。


◆1 障害福祉サービス等の利用計画の作成(計画相談支援・障害児相談支援)
※サービス等利用計画についての相談及び作成などの支援が必要と認められる場合に、障害者(児)の自立した生活を支え、障害者(児)の抱える課題の解決や適切なサービス利用に向けて、ケアマネジメントによりきめ細かく支援するものです。
 
◆事業内容
障害福祉サービス等を申請した障害者(児)について、サービス等利用計画の作成、及び支給決定後のサービス等利用計画の見直し(モニタリング)を行った場合は、計画相談支援給付費又は障害児相談支援給付費が支給される。

◆対象者
○障害者自立支援法の計画相談支援の対象者

・障害福祉サービスを申請した障害者又は障害児であって、市町村がサービス等利用計画案の提出を求めた者

・地域相談支援を申請した障害者であって市町村がサービス等利用計画案の提出を求めた者

※介護保険制度のサービスを利用する場合については、障害福祉サービス固有の行動援護、同行援護、自立訓練(生活訓練)、就労移行支援、就労継続支援等の場合で、市町村が必要と認める場合。

○児童福祉法の障害児相談支援の対象者

  障害児通所支援を申請した障害児であって市町村が障害児支援利用計画案の提出を求めた者

                     
  • 入所・入院から地域生活へ移行するため、または家庭環境やライフステージが変化するため、一定期間(1ヶ月〜6ヶ月の範囲内で)、集中的に支援を受けることが必要である者。
  • 単身で生活している者(もしくは、同居している家族がいても障害、疾病等のため、その者から適切な支援が得られない者)で、自ら障害福祉サービス事業者等との連絡調整を行うことが困難である者(知的障害や精神障害、もしくはきわめて重度な身体障害のため、サービス利用に必要な連絡・調整ができない者、等)。
  • 重度障害者等包括支援の支給対象者のうち、重度訪問介護など、他の障害福祉サービスを利用している者。

◆利用料金
☆無料

◆手続き
☆市区町村に申請し、利用の決定は市区町村が行います。